自立(生活)支援

通所型

地域生活を営む上での生活能力の習得・維持・向上、社会において必要なコミュニケーションの上昇を目的として、訓練を行います。
現在、入院中で日常生活をする場がほしい、仕事をしたいけど生活のリズムがバラバラ、ずっと家にいたので外に出ることが不安、といった方向けです。

【自立(生活)支援】受講風景
定員 1日10名となります。
服装 普段着(女性は華美にならないもの)
送迎 送迎(無料)のサービスがあります。(送迎ルート・距離に関する詳細はお問い合わせください)
対象となる方 精神障がい、発達障がい、ひきこもりの方
期間 約2年間

宿泊型

施設を利用しながら生活リズムと体調の管理、食事・家事などのに非常生活能力を維持向上させるために必要な訓練を行います。

原則2年/対象者:精神障がい者・発達障がい者

利用料居室定員/10名
家 賃¥31,000~¥34,000(非課税)
共益費 ※1¥110/日(税別)・休日夜間セキュリティ維持管理費
光・熱・水費¥370/日(税別)
食 費

夜食 ¥480(税別)

寝具代 ※2¥80/日(税別)

※1宿泊型自立訓練者のみ負担。
※2寝具は各自で用意することが前提ですが、希望により敷布団、掛け布団、毛布、夏掛け、枕、枕カバー、シーツ、布団カバーを貸与することができます。

主な取り組み

個人での取り組みや集団の中での取り組みから、ストレスや不調に気づき、自分を知っていくことで、うまく付き合う方法や考え方を学びます。
心理教育プログラム、社会生活力プログラム、余暇生活プログラムから、自己肯定感を高めていくことで、ストレス対処能力や問題解決能力を養っていきます。
通所には送迎サービスが利用できます。体験の方は半日(自己通所)・1日の振り返りを行いながら、今後どうしていきたいかを一緒に進めていきます。

【自立(生活)支援】働くための体力をつけたい「あおいさんの1日」