グループホーム

Zero House Ⅰ (ゼロハウス)利用に関するご案内

Zero House Ⅰ (ゼロハウス)とは

障害者総合支援法という制度で実施される、入所といった『住まい』として活用できるサービスの1つで、

自身の自立/自律を育む『練習の場』を提供しています。

『あなたが理想とする生活ってどんな生活・・・?』と、まずは一緒に目標を立てていきます。

スタッフと共にいきいきとした自立生活が可能となることを目指していきましょう。

退院したいけど一人暮らしは不安と思っている方や、家から離れ、精神的・経済的に自立した生活を送りたいと思っている方向けです。

家事の仕方(掃除、洗濯、調理、買い物、金銭管理)を学びながら、地域や他者の中で生活をすることで、社会生活力(ルール、マナー、協調性、他者配慮)を身につけます。希望で、朝・夕の食事と昼のおにぎりを頼むことができます。ゼロポイントまでは往復で送迎があり通所も容易です。世話人の在室時間が朝7:30~10:00、夕3:30~7:30になります。掃除チェックや生活チェックなど、上記時間内であれば日常生活における相談もすることができます。

Zero House Ⅰ (ゼロハウス)の大切な視点

01
自分の生活に気づく

『生活』といっても様々な『暮らし』があります。家事の仕方、経済状況、将来の夢。 今の自分の暮らしってどうなのかな?無理はないかな?将来自分はどんな暮らしがしたいかな?これからを見据えてあなた自身が考え、気づくことに取り組める環境を目指しています!
まずはあなたがどのような生活を目指したいか、それが大切だとZero Houseは考えています。

02
自分の生活を築く

自分の『気づき』を活かしていくことになります。どのように自分の生活を創っていくか、スタッフと共に創造性をはたらかせ、築いていきます。これはとても根気が必要なことであり、つい心が折れてしまうこともあるでしょう。しかし、ここではあなた1人ではなく、他の仲間やスタッフがついています。『創造性』それはあなたに暮らし方の幅を持たせてくれるでしょう。

03
自分と他人との生活の中で気づき、自分を律する

ここで生活するのはほかにも仲間が居ます。また同じ地域に住む近所の方が居ます。 あなたを見守るスタッフが居ます。自分だけでなく、他者とのつながり、自分の考えだけではなく他者が持っている知恵を知ることの出来る場になります。あなた自身の自立/自律心をもって一緒に生活を考えていきましょう。

Zero House Ⅰ でのLife Program(ライフプログラム)

管理されたルールの下での集団生活ではなく、社会一般のルールの中で他者と協力し合う生活ができる場所であり、「自らの生活を創って行く」という意味で、「自由」という「自身の責任」を担い、取り組むLife Programとなっております。

01

どんな生活を送れるようにしたいか?
研究生各自に理想・目標を描いてもらいます。

02

どんなところからスタートできそうか?
スタッフと一緒に考えて決めていきます。

03

グループホームでの役割と責任をおひとりずつ担って頂きます。

家賃 (例)

1階 35,000円(25,000円)
1階角部屋 36,000円(26,000円)
2階 37,000円(27,000円)
2階角部屋 38,000円(28,000円)

■特定障害者特別給付金について

グループホームの支給決定されている障がいをお持ちの方に家賃の補助として月額10,000円を上限として支給される給付金のことです。
グループホームの家賃証明書をお住いの役所に持参して申請してください。

※(  )内の金額は給付金を利用した場合の金額です。

その他の費用について(物件により異なります)

保証金 家賃の1ヶ月分(家賃の滞納があった場合に充填します。退去時に返金致します)
共益費 2,000円/月(建物修繕費、設備点検費、交換費(電球などの消耗品)、共有部分水道光熱費、その他)
食費 朝食250円、夕食480円(利用せずに自炊をすることも可能です。昼食はご自身で用意して頂きます。)
光熱水費 部屋毎に異なります。
駐車場代 500円/月(車の持ち込みがある場合のみ)

Zero Houseの利用の流れ

  • Zero Houseへお問い合わせください(お電話番号(Zero Point内):0297-20-6851)
  • Zero House見学
  • 利用希望の場合:市役所にZero Houseの利用希望を伝え、受給者証の申請をしてください。
  • 受給者証が交付されたら、受給者証を持参してZero Houseと契約手続きをします。
  • 家賃証明書をZero Houseから受け取り、市役所へ提出
  • 特定障害者給付費の申請をします。
  • 引っ越しをし、入居となります。